魔杰座


instagram


周杰倫初監督映画

新宿武蔵野館8/23~を皮切りにいよいよ全国順次公開♪ 作品情報はコチラから→言えない秘密

最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


etc.


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22日の映画公開日に丸の内ピカデリー3で行われた舞台挨拶。
2回とも行って来ました。

入場して左奥にあったディスプレイ。

丸の内ピカデリーディスプレイ

舞台挨拶のためにセスと杰倫だけになってるんですが、杰倫が並んじゃっってるというのもまた不自然な感じで面白いですw

一緒に行った家族によると、始まる前は会場内のBGMで「雙截棍」ともう一曲エンディングで流れる曲がずっと流れていたんだそうです。
私は席に着いたのがぎりぎりだったので気がつきませんでした^^;

初回はまず上映からだったので予告もあったのですが、
「グリーンホーネット」による3Dメガネの注意点VTRが流れて嬉しかったですねー。

ちなみにこれです。



映画本編を楽しんみ、エンディングで流れる「雙截棍」にも感動した後、いよいよ3人の登場です^^

杰倫はどんな服装で出てくるのかなーと思っていましたが、モコモコカーデ姿でしたね♪

ここでも杰倫は日本語でご挨拶♪

好きな場面の質問になったときに、
監督がそれは今観たお客さんに聞かないと~って舞台の下に下りていったのはびっくりでした!

3人ともブリットとカトーのバトルのところを挙げていましたね。
杰倫はもう一つ、キャメロンの前でピアノを弾くシーンも。

セス・ローゲンは日本の食べ物が気に入ったらしく、親子丼アピールしてましたねw
舞台挨拶前に食べていたようですが、きっととてもお気に入りだったんでしょうね。
(杰倫が何を食べたのか気になるところではありましたがw)

最後のご挨拶のとき、
杰倫が、3年前に武道館でコンサートを開いたけど、今年日本でコンサートができたらって言ってくれたのは非常に嬉しかったですねー^^
期待して待ちたいです♪

最後の挨拶も終わったので、写真撮影に移ろうとしたら、
監督が急にジャパニーズジョークを言いたい!と@@
内容にも笑いましたけど、ここで急にそんなことを!と思う笑いも大きかったですねw

更に、写真撮影のときにも、
監督が棒立ち姿勢のままだったのが妙におかしくて、
セスもそれを指摘してから、ああそうかとばかりに手を前に組んでお行儀よい姿勢に直してましたww
監督が子供っぽい面があるというのが窺えます^^

杰倫1778

杰倫1777

杰倫1779

撮影が終了後、一旦退場。
入れ替え制なので私たちも一度ロビーへ出ます。

2回目は舞台挨拶が先。
1回目が少々時間が押したのか少し遅れてのスタートでした。

最初のゴンドリー監督のお話が終わって通訳さんが話しているとき、
セスがずっと杰倫の洋服のもこもこが気になっていたのか、腕のところをすりすりなでていたのが可愛かったですw

2回目はもう監督絶好調で、
他の人が話したときに関連した話を、一つ話したいんだけど・・・とがつがつ発言してくる。
これには杰倫もセスも、え~!っていう感じで笑っていておかしかったですww

日本には美味しいものがいっぱいある、という話で、杰倫も賛同。
日本にはよく来るから2人を案内してあげたい、と。

杰倫はアメリカで撮影していたとき吉野屋によく行っていたと。
今回の日本滞在では吉野屋には行きません、と宣言もしてましたw

杰倫とセスについて(これは映画についてのことだったのかな?)
「僕がドラえもん、他就是(セスが)のびたくん」
と発言していたのが、何とも可愛らしかったです♪

2回目の去り際はドアの手前で振り返って手を振ってくれたりして、少しはいつもの去り方よりはゆっくりだったように思いましたねw

あっという間の時間でしたが、何だかとても充実していたように思います。
イベントも舞台挨拶も参加することができ、嬉しかったです。
映画も楽しく非常に充実した時間でしたー^^
スポンサーサイト
コメント

Misaさんって、杰倫のイベント情報とかどこで入手してるの??

きーたむ*さん

イベントごとなど、最近はツイッターで知ることが多いかもしれないですね。
とにかく情報が早いと思います。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。