魔杰座


instagram


周杰倫初監督映画

新宿武蔵野館8/23~を皮切りにいよいよ全国順次公開♪ 作品情報はコチラから→言えない秘密

最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


etc.


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
観に行ってきました!「蘇乞兒」!!


杰倫1600

今日は老師の一人が具合が悪くて授業がお休み、ということで少し早めに授業が終了。

元々、観に行こうかなぁと思っていた「蘇乞兒」。
早めの時間で鑑賞することができました!

お目当ては、武神・・・ではなくて、このおじさまです(笑)

杰倫1602

酔拳披露してるっていうから、ずっと前からワクワクしてましたー^^♪
実際「刺陵」よりもワクワク度高かった。
武神の造型が出てきたときはなんじゃこりゃーというリアクションだったのに。。。
武神も動いてるのを見てみたら、あれ、意外といけてるかも・・・と思ってました。




さて、この映画は一部分が3Dということで、渡された3D眼鏡。
何だか遊園地のアトラクション気分です。

こんなに大きいのか・・・と。
たしかに、眼鏡の上からかける、ということも考える必要があるので大きくしなくちゃいけませんもんね。

でもこれ、抑えてないとずり落ちちゃうな、と思いながら中へ。

スクリーン大きいし席も多い。。。
これは迫力もすごそう。だな、とわくわく。

3Dについてですが、
3Dマークが出たらかける。3Dの上に×マークが出たら、ここで外す、という形。

しかし、上映されると話に入り込んじゃってすっかり3Dのことなんか忘れてた。
マークが出てもしばらくボーっとしてて(苦笑)

慌ててかけたら、そうです、武神の登場です。

杰倫1601

武神以外にも3Dタイムがあって、もう無いだろうと油断していたため、2回目もちょっと焦ってしまいました(苦笑)



3Dの感想については、けっこう目が疲れる。。。
たかだか30分程度でこれなので、全て3Dだった「阿凡達」を見てる皆さんはすごいなぁと思いましたよ。

正直、私はやっぱり3D全編はきつい。
眼鏡をかけ慣れていない、っていうのもあるかもしれないですけどね。


実は、杰倫よりも先にガンホンが出てきます。
ガンホンが出ていることすっかり忘れていて(ごめんなさい><;)、映ったときびっくりしてしまいました。。。
今回杰倫との絡みが無かったので、それが新鮮でした!


武神に関しては、思っていたような感じで。
喋り方が、それっぽい感じで。
それにしても、「フンッ」っていう台詞の多いこと(笑)


そして、強い(当たり前ですけど)。
すごすぎて、すごさが分からない、という感じかも(笑)

3Dだからこその奥行き感が出ていたましたが、別に3Dじゃなくても迫力はあるし、世外観も表れていて面白いと思います。
しかし、去るときはあっさり去ってしまって・・・。
あ~もう終わりなんだぁと寂しく思うわけです。。。



お目当ての酔拳。
風貌は武神とは全く違う、おっちゃんwww

杰倫1604

でも、この人がすごいんですっ!
しっかり酔拳やってるよー。
こんな泥酔な感じの杰倫初めて見たよー(そりゃそーです^^;)、と新鮮な感覚にまず陥ります。

そして、アクションも演技も自然で。。。
期待していた以上にすごいものを見せられた感覚で、感動しましたぁ!という領域に達しました^^

これは見て損はないぞ!と思ったものです。

杰倫1603


ここでもやっぱりさーっと去ってしまうわけで。
見ているほうは、あーもう終わり!?と名残惜しくて。。。

二役ってことで、出演時間は短くても、ものすごく楽しめます。


映画自体も面白かったです!

主役の趙文卓はさすがにすごかったですし、安志杰の悪役っぷりがすごく見ごたえがありました!
後半の強い外国人っていうのがありきたりだったので、安志杰をもっと見ていたかったなぁ。

そして、周迅は女性から見てもやっぱりすてきだな~って思います!!
一本芯の通った妻であり、母。
やはり、女性は強い、と思わされる、かも?

この映画は、映画館で観るべき映画と思いました。
が、日本での上映予定は特に聞こえてこないのですよね。どうなんでしょうか。。。


スポンサーサイト
コメント

Misaさん、こんにちわ★おじゃましにきましたー☆∪・ω・∪
蘇乞兒情報を謝謝でございます♪
期待に違わない作品のようですね~~☆☆

同じ3Dでも阿凡達よりコッチのほうが死ぬほど見たいですが、
・・・・なかなか海を超えてきてくれませんね。(悲)

なんだかどっかで見たことのあるような場面がたくさんあるのがまた、いいです。
そしてJayの酔拳!!ちゃんとやっちゃってるんですねー!!
振り付けのウーピンも凄いけどちゃんちこなすJayも凄いっ!!

アクションのスペシャリストに、演技のスペシャリストに、(Jayは・・・なんだ?)、
こんだけ豪華な俳優陣をウーピンが操ってるんだから、面白くないわけがないですよね☆
日本の配給会社はどこに目ぇつけてるんだか(●`з´●)

Falさん

こんばんは^^コメントいただき、ありがとうございます^^
某所ではお世話になってますw

そうなんですー、もう一回観たいですよ、純粋に。
杰倫もそうですが、私は安志杰もインパクト大きかったですよ!

「アバター」は私も観る気がしなくて(爆)。元々ファンタジー系見ないんですよ。ハリーポッターだけは例外ですけどね。
なので、これも同じような部類ですもんね。

>Jayの酔拳!!ちゃんとやっちゃってるんですねー!!
そうーなんですっ!ちゃんとやっちゃってくれてます!!
だから、ものすごい感動してしまって。。。
(ここでこんな感動していたの、見ていた人で私だけだったと思いますが・・・^^;)

以前は杰倫の演技見ても、ここがちょっとなーと思うこともあったんですけど、酔拳パートは全くそんなところはありません!!
(ついでに言うと「刺陵」も杰倫の演技面に関しては、ものすごく良かったと思ってますよー。)
これはDVD買いだな、と思ってますw

>アクションのスペシャリストに、演技のスペシャリストに、(Jayは・・・なんだ?)
jayは・・・なんでしょう?マルチスター?

ウーピン監督のアクション指導を受けられたっていうのだけでもすごいことですよねぇ。
そんな、ウーピン監督は、「一代宗師」のアクション指導をするそうなので、そちらもものすごく楽しみですよねー。
王家衛監督なので、いつ作品ができあがるか分かりませんが^^;

と、最後は杰倫から話がずれてしまいましたが(苦笑)
日本でもやってくれるといいですねー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。