魔杰座


instagram


周杰倫初監督映画

新宿武蔵野館8/23~を皮切りにいよいよ全国順次公開♪ 作品情報はコチラから→言えない秘密

最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


etc.


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JVRに載っていたものを自分なりに訳しました。
正確なものを知りたい方は原文をご覧下さい。


http://www.jvrmusic.com.tw/news/news-read.asp?id=1722






「畫沙」のMVは方文山の美しい詩の世界観のように砂州の景色を舞台にしたもの。

杰倫1516

杰倫は「The Green Hornet」の撮影の中、8月末に台湾へ戻り、撮影に参加。杰倫はチェロ、Cindyはヴァイオリンとピアノを奏でて対話した。

この袁詠琳の作曲した「畫沙」は出来上がるまでに様々な過程があった。

まず杰倫とのデュエットの曲を書くことになったときにとても驚き緊張した。
最初に書いたときはまだ杰倫に直接渡す勇気が無く、録音室の扉の外から杰倫の反応を見ていた。
杰倫は「この歌はいい。ただ、割と彼女自らが歌うことに適している」という言葉。

Cindyは家に帰って黙々と努力をし、デュエットするのに適しているのは何なのか想像しつつ2曲目を書いた。
杰倫は聴いた後、「うん、頑張って!」と言い、彼女はまだOKでないことを知る。

2人の音域や音楽の適する感覚を想像し、特に曲の中で杰倫の為にrapを入れて夜を徹して完成させた歌は、ついに杰倫を頷かせて賞賛させることになり、ようやくほっと息をついた。


R&Bの曲の中でチェロの演奏というのは新鮮で珍しいことであり、この「畫沙」中のチェロの要素は杰倫のアイディア!
「安靜」の歌詞の中でピアノとチェロという件があるが、この2つの楽器がついにこの曲の中で素晴らしい作用をもたらした。

杰倫1515

杰倫もCindyの音楽の実力を褒めていて、
「Cindyのピアノ演奏は本当にすごく最高なんだ!
宇豪と同じくらいで、ただ女性でこんなに早く力強く弾けるのは、本当にクールだし驚きだよ!
彼女と歌うときは完全に別で、歌うときはとても落ち着いているように見えると思う。ただピアノを弾くときは完全に違う。
重要なのは彼女は歌を書くことができて、その歌は自分の特色を非常に持っていることなんだ。」
この言葉の中からも杰倫の気持ちが充分に現れている。


Cindyは杰倫に感謝して、更に感動させたことは杰倫は台湾でずっとMV撮影に奔走したこと。
これが彼女の始めてのMV撮影であり、
「私は緊張して練られませんでした。完全に自分が何を準備していいか分からず、師兄(杰倫)は気楽にと私に言って配慮してくれ、このようにデュエットすることができて幸運です!」

杰倫の指導を経て、Cindyはこつをつかんで状況を飲み込めた。
撮影では実際に砂を使い、砂が舞う中での撮影で全身砂だらけだったが、撮影後も苦しいとも思っていない。率直に言うと、苦労するだけの価値があるから。


杰倫はMVの中で黒のジャケットに白のスニーカー、帽子と皮手袋姿という、クラシックの中に流行のR&B風の装い。
更にかっこいいのはチェロを弾くときにはポーズを作ってから瞬時に回転させ、傍で見ていたMV監督の鄺盛(←おぉ~!!)もびっくりして見ていた!
そして笑って、「周董は本当にかっこよさを発揮させるんだから!」


杰倫は新人に対し、パパラッチに気をつけるように注意した。
「あまりネット上の言葉を気にかけないで。創作人が打撃を受けないためにね。
ネット上ではあることないこと言うのが本当に多い、彼らの大部分はjealousy、嫉妬してるんだよ。」
思わず決まりが悪くなって笑ってしまう杰倫。「ごめんね、英語を勉強してるから。」
「僕は自らが調整し適していくとわきまえてると思ってるよ。」
Cindyにとって1つの貴重な授業になった。

杰倫1517




チェロは杰倫のideaなのね~ということと、MV導演気になっていたので知ることができてよかったです。
JVRのtopページからMVも見られるので嬉しいですね!
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。